はじめに当サイト(パパ活のやり方まるわかり)について

当サイトでは、パパ活に興味を持っているけど、そのやり方がイマイチよくわらない・・・という女性のために、パパ活の実態や手当の相場、パパとの出会い方、賢く稼ぐ方法などについて詳しく解説をしています。

気軽に稼げるイメージのあるパパ活ですが、それなりに苦労もあります。

軽い気持ちでパパ活を始めたものの、現実と理想のギャップに悩み、すぐにやめてしまう女性もけして少なくはありません。

女性がパパ活をする一番の目的は、お金を稼ぐことだと思いますが、「男性はなぜパパになりたがるのか?」ココをよく理解せずにパパ活を始めても、うまくいきません。

パパ活で失敗しないためにも、パパ活ついてよく理解をすることから始めていきましょう。

パパ活の実態とは?現実は理想と違う?

本来の意味でのパパ活とは、パパ(基本的にはお金持ちの男性)の食事に付き合い、楽しく会話を提供する対価として金銭やプレゼントを得る活動のことを言います。

では、現実はどうなのか?

残念ながら、ただ一緒に食事をするだけで数万円単位のお小遣いをくれる都合のよいパパは、あまりいません。

そういう大当たりパパは、全体の10%もいないと考えてよいでしょう。

実際のところ、パパ活で大きく稼いでいる女性の大半は、パパと体の関係を持っています。

これがパパ活の実態です。

もちろん、食事だけの関係で大きく稼いでいる女性もいますが、そういう女性というのは、体の関係なしでもパパを満足させられる要素(美貌、教養、会話力、上品な振舞いが出来るなど)を兼ね備えています。

もし、あなたが食事だけでもパパを満足させられる要素を兼ね備えているなら、体の関係なしでも、それなりの対価を払ってくれるパパは見つけれるでしょう。

そうでないなら、パパと体の関係を持つことも考慮しないと、厳しい戦いを強いられるでしょう。

もちろん、全てのパパと会ったその日に体の関係を持つ必要はありません。

ただ、「何度か食事をしてみて、好意を持てるパパなら体の関係もOK」というスタンスでパパ活に臨まないと、理想と現実のギャップに苦しむことになるでしょう。

パパ活で稼ぎたいなら、パパの気持ちになって考えることが大切です。

パパの多くは、若い女性を落とすまでの過程を楽しみたいんです。

なので、「体の関係になることは100%保証はできないけど、そうなる可能性はゼロではない」というスタンスで臨まなければ、パパはワクワクドキドキできませんし、そういう女性にお金は落としません。

パパ活アプリを利用している女性の中には、「体の関係はなしで食事だけのお付き合いができるパパを探しています」なんてプロフィールに書いている女性も多いのですが、それって「若い女性を落とすまでの過程を楽しみたい」と考えるパパに対して、最初から門を閉じてしまっていわけです。

そういう女性が大して稼げずにすぐにパパ活を止めてしまうのは、言うまでもありません。

パパ活の実態とは?エッチありじゃないと稼げないのが現実?も参照のこと

パパ活の手当の相場とは?

パパからもらえる手当の金額は、食事だけの場合は、1回あたり1万円〜5万円が相場になります。

体の関係もある場合は、1回あたり3万円〜10万円が相場になります。

相場に随分と開きがありますが、これはパパのお金持ち度や満足度、地域(都心のが相場は高い)、女性のレベルなど、様々な要因が複合的に重なり合って決まりますので、どうしても相場にある程度の開きが出てしまいます。

注意点としては、食事だけの関係で安定的に稼ぐのは、難しいということです。

1回あたりの食事の相場が1万円〜5万円といっても、ほとんどのパパは、2回目以降は体の関係を期待しています。

つまり、2回目以降にパパから体の関係を提案されて、それを拒否すると、そこで関係が終わってしまうケースが多いということです。

もし、あなたがパパを虜にしてしまうほど才色兼備な女性なら、食事だけの関係をある程度は長く引っ張れると思いますが、そうでないなら難しいと考えるべきです。

やはり、パパ活で安定的に稼ぎたいなら、「体の関係には100%応じない」というスタンスではなく、「気に入ったパパとなら体の関係もOK」というスタンスで臨まないと、割の合わない仕事になってしまうでしょう。

パパ活の相場とは?食事だけの関係と肉体関係ありではかなり違う?も参照のこと

パパとはどうやって知り合うの?

たくさんお小遣いをくれるリッチなパパとは、どこで出会うのか?

パパと知り合う手段は、大きく分けて5つあります。

「交際クラブ」、「パパ活アプリ」、「出会い系サイト」、「ツイッター」、「パパ活掲示板」です。

それぞれの特徴について、順番に説明をしていきましょう。
交際クラブ
交際クラブとは、お金持ちの男性と経済的な支援を受けたい女性の間を取り持ってくれる業者のことです。

男性は、高い会費を払う必要がありますが、女性は無料で利用できます。

一昔前までは、「デートクラブ」とか「愛人クラブ」などとも呼ばれていました。

パパ活で大きく稼ぎたいなら、この交際クラブを利用するのが一番おすすめです。

その理由は、交際クラブを利用する男性は、「超」がつくほどのお金持ちが多く、1回のデートで受け手れる手当も、満足できる金額が期待できるからです。

ただ、交際クラブは、体の関係を前提としたデートができる女性じゃないと、なかなか男性を紹介してもらえません。

女性会員は、交際クラブ側に男性との交際条件を伝えることで、主に以下の3つのタイプに分類されます。

タイプ1:食事デート以外は不可

タイプ2:1回目のデートは食事だけで、2回目以降はフィーリングが合えば体の関係もOK

タイプ3:1回目のデートからフィーリングが合えば体の関係もOK

男性会員のほとんどは、タイプ1の女性は希望していないため、タイプ2かタイプ3を選択できる女性じゃないと、なかなか男性を紹介してもらえません。

もちろん、中には、タイプ1を希望する男性もいます。

ただ、そういう男性はかなり少ないですし、才色兼備な女性に指名が集中しやすいです。

尚、交際クラブを利用してパパ活をするなら、業界最大手のユニバース倶楽部がおすすめです。

パパ活で交際クラブを使うならユニバース倶楽部一択な理由とは?も参照のこと
パパ活アプリ
パパ活アプリとは、若い女性と仲良くなりたい男性とパパが必要な女性の間を取り持ってくれるアプリのことです。

スマホさえあれば、手軽に始めることができるので、パパを探すための手段としては、一番多く利用されています。

パパ活アプリを利用する男性は、基本的に裕福な男性が多いため、いわゆる出会い系サイトに比べると、たくさんお手当をくれるリッチパパを見つけやすいです。

ただ、パパ活アプリの場合は、自分でパパの良し悪しを判断しなけばいけません。

良いパパもいれば、最初からヤリ逃げ目的で利用している悪いパパもいます。

交際クラブの場合は、男性会員の資産状況をしっかりとチェックしていますし、人間性に問題がある男性を紹介されるということはまずありませんが、パパ活アプリの場合は、そこも自分で判断しなければいけません。

尚、パパ活アプリを利用すれば、本来の意味でのパパ活(食事だけして手当をもらう)ができると勘違いをしている女性も多いのですが、それは違います。

パパ活アプリと言えども、利用している男性も本質は変わりません。

パパの多くは、若い女性を落とすまでの過程を楽しみたいと思っています。

つまり、「最初は食事だけでもいいけど、何回か会って気に入ってくれたなら、やらせて欲しい」という希望を持っているということです。

なので、「食事以外は一切お断りです」なんてプロフィールに書いてしまうと、会ってくれるパパは、なかなか見つからないでしょう。

尚、パパ活アプリを利用するなら、ペイターズシュガーダディの二つのがおすすめです。

この二つがおすすめな理由について詳しく知りたい場合は、パパ活アプリはどれがおすすめ?ペイターズとシュガーダディ?の記事を参照ください。
出会い系サイト
出会い系サイトとは、Tinderとかペアーズのようなマッチングアプリのことではなく、エロ系(セフレ探しや援交目的の利用者が多い)と呼ばれるPCMAXやハッピーメール、ワクワクメールのことです。

出会い系サイトを使ってパパ活をしている女性もいますが、あまりおすすめとは言えません。

なぜかというと、出会い系サイトを利用している男性の中には、お金持ちがあまりいないからです。

やはり、お金持ちの男性は、高い会費を払っても良い女性を紹介してくれる交際クラブを利用しますし、アプリとかサイトを利用するにしても、パパ活に特化しものを選びます。

そもそも出会い系サイトを利用している男性というのは、援交目的が多いですから、食事とかは挟まずに、いきなり体の関係を求めてくるケースが大半です。

しかも、安くやることしか考えていませんから、良いパパは見つけにくいでしょう。

出会い系でパパ活ってどうなの?なんかメリットはある?も参照のこと
ツイッター
ツイッター界隈でもパパ活は積極的に行われています。

ただ、パパ探しにツイッターを利用するのは、おすすめできません。

なぜかというと、ツイッターで知り合う男性というのは、素性が知れないからです。

例えば、交際クラブなんかは、男性の身元確認はしっかりと行いますし、パパ活アプリや出会い系サイトも、利用するには年齢確認をパスする必要があるため、身分証明書を提出することになります。

男性からすれば、誰かに身元が知れることで「下手なことはできないな」という心理が働きますし、それは犯罪の抑止力になるわけです。

ツイッターは匿名でも利用できますし、身分証明書の提出も必要ありません。

そこで知り合う男性というのは、素性がよくわからないわけです。

実際のところ、素性が誰にも知られていないことをいいことに、金も払わずに女性をレイプしたり、下着を盗撮するケースなんかもあるようです。

そもそも、パパ活自体が少なからず危険を伴う活動ですから、あえて危険度の高いツイッターを利用するのは、やめましょう。
パパ活掲示板
パパ活掲示板とは、その名の通り、パパになりたい男性とパパが必要な女性の橋渡しをしてくれる掲示板のことです。

気軽に利用できるのが最大のメリットですが、掲示板でパパを探すのは、おすすめできません。

理由は、ツイッターと同じです。

パパ活掲示板は、身元確認もなく、誰でも簡単に利用できてしまうので、その分、犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります。

「たった1回の食事と体の関係で10万払います」なんて好条件だったので、実際に会ってみたら、お金は受け取れず、暴力を振るわれてレイプされたなんてケースに発展することも、無きにしろあらずです。

警察に被害届を出そうにも、相手の素性がわからなければ、検挙するのは難しくなります。

これが交際クラブやパパ活アプリ、出会い系サイトなら、運営側が男性の身元確認をしているので、警察への捜査にも協力できます。

そもそも身元が誰かに知られている男性というのは、捕まるリスクを冒してまで下手なことはしません。

犯罪者というのは、得てして素性がバレない手段を好みます。

誰でも匿名で利用できるパパ活掲示板は、極めて危険度が高いと言えるでしょう。

以上となりますが、安全、且つ稼げるパパ活をするなら交際クラブが一番ですし、もっと気軽に始めたいならパパ活アプリを利用するのが良い方法と言えるでしょう。