パパ活の相場とは?食事だけの関係と肉体関係ありではかなり違う?

パパ活の手当の相場は、食事だけの関係の場合と肉体関係ありの場合とで大きく異なります。

あくまでも目安ですが、食事だけの場合は1回あたり1万円〜5万円、肉体関係もありの場合は1回あたり3万円〜10万円が相場になります。

相場にかなり開きが出てしまうのは、パパのお金持ち度、パパの満足度、地域性(都市部ほど相場ほど高い)によっても変わってくるからです。

これは一体どういうことでしょうか?

これから一緒に見てきましょう。

お金持ちのパパほど手当の額も大きくなる

パパ活で稼ぐ上で一番重要なのは、いかにお金持ちのパパと出会うかです。

例えば、パパと一緒に食事をするにしても、年収800万円〜1千万円程度で資産がほぼないパパの場合は、1万円か2万円が払える限界と言えるでしょう。

逆に、年収3千万円で数億円の資産を保有しているパパの場合は、食事だけで3万円〜5万円くらいのお小遣いをポンとくれたりします。

一言で「お金持ちと」いっても、ランクがあります。

パパ活では、できるだけお金持ちの男性を見つけたほうがより多くの手当を期待できますし、超がつくようなお金持ちの男性と知り合いたいなら、交際クラブを利用することをおすすめします。

パパの満足度によっても手当の額は違ってくる

大前提として、パパ活で稼いでいる女性は、基本的に会う前に条件交渉(お金に関する事)はしません。

なぜかというと、会う前から条件(例:食事だけで3万円とか)をパパに押し付けてしまうと、敬遠されてしまい、なかなかデートの約束を取り付けることができないからです。

もちろん、相手の男性から事前に「大人の関係もOK?」なんて聞かれることもあるので、その場合は「初デートから大人の関係は考えていません」くらいは伝えていいと思いますが、「食事だけで3万円欲しいです」とかお金に関する条件交渉はしないほうがよいです。

パパの多くは、素人の女の子を落とす過程を楽しみたいと思っています(もちろん、お小遣いをあげるつもりはあります)。

パパからすると、事前にお金の話をされると、援助交際(素人じゃない)のように感じてしまい、ワクワクドキドキできません。

また、パパにとっては、「最初から金の話する女=サービス精神のない女」に見えてしまうものなんです。

なので、会う前にパパから「いくら欲しいの?」とか聞かれても、「もし、私との時間に満足していただけたなら、そのお気持ち程度を頂ければと思います」と伝えたほうがスマートです。

それで、条件交渉をしないでパパと会う場合は、パパの満足度によって金額が違ってきます。

例えば、一緒に食事をしてもいまいち盛り上がらなければ1万円、頑張ってパパを持ち上げれば3万円もらえるかもしれません。

肉体関係になる場合も、キスもフェラも拒否、機械的なセックスしかできないない場合は3万円、恋人のようにパパとセックスを楽しめば10万円もらえるケースもあるでしょう。

パパ活は、一言でいうなら「プチ愛人業」です。

パパを満足させられなければ愛人失格ですし、お金を出すはパパだということを忘れてはいけません。

パパ活をやるならできるだけ都市部で

今やパパ活という言葉は日本全国に広がり、どこに住んでいてもパパ活をすることはできます。

ただ、パパ活の手当の相場は、都市部に行くほど高くなり、地方にいくほど低くなります。

できるだけ都市部に住んでいるパパに会うようにすると、それだけたくさんお小遣いをもらえるでしょう。

これは単純な理屈で、人の金銭感覚は、物価に大きく左右されるからです。

都市部のが地方よりも物価が高いですし、高い物価に慣れているパパの方が太っ腹だったりします。

以上となりますが、パパ活で得られる手当の金額は、パパのお金持ち度、パパの満足度、地域によっても変わってきます。

これらの点を考慮してパパ活に取り組むとよいでしょう。