出会い系でパパ活ってどうなの?なんかメリットはある?

パパ活と聞くと、交際クラブでお金持ちの男性を紹介してもらったり、パパ活アプリを利用してパパを探すイメージがありますね。

しかし、実際には、出会い系を利用してパパ活をしている女性も多いようです。

ここでいう出会い系とは、Tinderとかペアーズ、Omiaiのようなマッチングアプリ(恋活アプリとも言う)のことではなく、PCMAXやハッピーメール、イククル、Jメール、ワクワクメールなどのセフレ探しや援交目的の利用者が多い出会い系サイトのことです。

出会い系サイトを利用してのパパ活って、ぶっちゃけどうなのでしょうか?

これから一緒に見てきましょう。

出会い系サイトを利用する男性とは?

出会い系サイトを利用する男性は、セフレ探しか援交目的の二つのタイプしかいません。

当たり前ですけど、セフレ探しをしている男性を相手にパパ活をすることはできませんね。

援交目的の男性は、お金を払ってセックスをさせてくれる女性を探していますから、食事だけしてお小遣いをもらうのは、難しいでしょう。

つまり、出会い系サイトを利用したパパ活は、セックスありきということです。

しかも、お金持ちの男性は出会い系サイトなんて利用しませんから、受け取れる手当は、1回あたり1万円か2万円、よくて3万円が関の山でしょう。

出会い系のパパ活ってただの援交では?

本来、パパ活とは、お金持ちの男性の食事に付き合い、楽しませる対価として、金銭やプレゼントを受け取る行為を指します。

ただ、実際には、その延長線上に肉体関係に発展するケースもあったりするわけです。

出会い系サイトで行われているパパ活とは、金銭を絡めてセックスすることに前提に会うわけですから、実際には典型的な援交なんです。

そもそも、なぜ出会い系サイトでパパ活をする女性が現れたかというと、それはパパ活の定義が曖昧だからです。

女性の中には、「パパ活=どんな形であれ援交」と考えている方も多いです。

昔から出会い系サイトでは、援交のやりとりが行われてきたのですが、それがパパ活が流行り出してから、単にパパ活と呼ばれるようになっただけの話なんです。

もし、あなたが「最初は男性と食事をして手当をもらいたい」、「大人の関係は気に入ったパパだけ」と考えているなら、出会い系サイトでパパ活をするメリットはありません。

出会い系サイトを利用するメリットを強いて言うなら、援助で手っ取り早く稼げることでしょう。

例えば、出会い系サイトの掲示板に、「今日会える方連絡ください」なんて書けば、そういう男性はすぐに見つかります。

以上となりますが、援交と一線を画したパパ活がしたいなら、交際クラブパパ活アプリの利用をおすすめします。