パパ活でたくさん稼ぐ女性は条件の交渉はしないって本当?

パパから毎月たくさんの手当を受け取っている女性の大半は、基本的に、パパと会う前も会ってからも条件の交渉はしません。

手当については、「パパの満足度次第でいくらでも構いません」というスタンスで、パパ活に臨んでいます。

一見すると、事前に条件の交渉をしないでパパに会うと、損をしてしまいそうな気もしますが、なぜ条件の交渉をしないほうがよいのでしょうか?

その理由について、詳しく見ていきましょう。

条件交渉がパパのやる気を奪う

パパ活でたくさん稼ぐ女性が条件の交渉をしないのは、事前にお金の要求をすると、パパのやる気がなくなってしまい、結果的に稼げなくなってしまうことをよく理解しているからです。

では、なぜ条件交渉がパパのやる気を奪うのか?

その理由を理解するには、「なぜパパがお金を出してまで若い女性とデートをしたがるのか?」についてよく考えてみると、答えが見えてくるでしょう。

パパがお金を出してまで若い女性と会いがる一番の理由は、素人の女性を落とす過程(最初は食事だけの関係から始まり、肉体関係の成立を目指す)を楽しみたいからです。

この”素人”というのがポイントで、会う前に条件を決めてしまうと、例えば、一緒に食事をする場合は1万円とか2万円とか金銭面の条件を決めてしまうと、単なる援助交際と同じになってしまい、素人感が出なくなってしまうんです。

男性にとっては、援助交際をする女性=プロですからね。

また、パパからすると、事前に金銭の交渉をしてくる女性=サービス精神のない女に見えてしまい、それもパパのやる気を奪う一因になります。

パパがワクワクドキドできないと、出るものも出なくなってしまいますし、そもそも事前に条件交渉をすると、パパからデートを拒否されるケースも増えてしまうので、手当を受け取れる機会も少なくなってしまいます。

信じられないかもしれませんが、事前に条件交渉なんてしないほうが結果的にたくさんの手当を受け取れるケースは多いんです。

これは、海外旅行に行ったことがある方ならわかるかもしれませんが、現地のタクシーやレストランを利用すると、向こうからチップをせがまれることがあります(国にもよりますけど)。

こんな時に、多くの人は「こんな奴らにチップは払いたくない」と思ってしまうものです。

不思議なことに、チップというものは、せがんでくる人には払いたくなくなってしまいますが、せがまない人には多めに払いたくなってしまうものなんです。

パパ活も同じことが言えるわけです。

会う前から条件(金銭面の)を提示する行為は、まだサービスも提供していない段階で、チップの要求をしてくるのと同じです。

パパ活=サービス業と同じですからね。

条件交渉をしないほうが良い意味で自分を追い込める

条件交渉をしないでパパと会った方が、良い意味で自分を追い込むことができ、結果的にたくさんの手当を受け取れるようになります。

これはどういうことかというと、「手当はパパの満足度次第でいくらでも構いません」というスタンスで会うということは、裏を返せば、自分が努力してパパに満足してもわないと、十分な手当を受け取れないということです。

すると、「十分な手当てを受け取るために頑張らなければいけない」という心理が働きます。

パパと一緒に食事をする場合も、パパが良い気分で時間を過ごせるように持ち上げたり、パパが喜びそうな会話を振ってみたり、自分なりに考えてパパに満足してもらうための努力をするようになります。

パパに満足してもらうために精一杯奉仕すれば、パパだって「この子ならたくさん払ってもいいな」と思うものですし、次もパパから声がかかるので、継続収入が見込めるというわけです。

逆に、会う前に条件を決めてしまうと(例:食事だけの場合は2万円、大人の関係もある場合は5万円など)、結果的にサービスが悪くなってしまい、パパから次回以降は声がかからなくなってしまうことが多いです。

金額が決まっているということは、努力しようとしまいと受け取れる金額は変わらないわけですから、「楽をしたい」とか「努力するだけ損」という心理が働いてしまい、手抜きになってしまいがちです。

すると、パパの満足度は下がってしまい、次は声が掛からなくなってしまいます。

パパも馬鹿ではないので、会っても満足できないような女性にお金は落とし続けません。

こういう話をすると「男尊女卑だ!」とか「パパにも努力する義務があるだろ」とか考える女性がいるのですが、そういう考え方だと本当に稼げません。

大前提として、パパ活をする上で、女性と男性の関係は対等です。

女性は男性を選ぶことができますし、男性も女性を選ぶことができます。

しかし、お金を払うのは男性であるということは、忘れてはいけません。

パパから条件を聞かれた場合は?

パパ活アプリを利用してパパを探す場合なんかは、実際に会う前に、パパから「いくら欲しいの?」なんて聞かれることが多いです。

交際クラブを利用してパパを紹介してもらう場合なんかは、最初に会う時は、交際クラブ側が待ち合わせ場所(ホテルのロビーが多い)を決めたり、パパに相応の手当を渡すように伝えてくれますが、2回目に会う時からは、交際クラブは介入してきませんので、事前にパパから「いくら欲しい?」と聞かれることがあります。

パパから「いくら欲しい?」と聞かれたら、何て答えればいいのでしょうか?

「私と時間を過ごすことで、もし満足して頂けたなら、そのお気持ち分を頂ければと思います」みたいな感じで答えるのがスマートです。

このように答えれば、「手当はパパの満足度次第でいくらでも構いません」というスタンスであることは、パパにもしっかりと伝わります。

でも、手当の金額をパパに任せにして、あり得ない金額しかくれなかった場合は、どうすればいいの?

そういうパパは、すぐに関係を切って、新たなパパを探しましょう。

後は、ハズレパパを引きたくないなら、交際クラブの利用をおすすめします。

交際クラブでは、男性の資産チェックも行っているので、そこで紹介されるパパは確実にお金持ちですし、常識もあるので、あり得ない金額の手当を渡されることはまずありません。

パパ活アプリは、スマホ一つあれば手軽にパパ探しができるので、とても便利ですが、なんちゃってリッチパパもいたりします。

事前の条件交渉が必要なケースとは?

パパから毎月たくさんの手当をもらっている女性は、パパと会う前に条件の交渉はしません。

ただし、全く条件の交渉をしないというわけでなく、場合によっては、事前に条件交渉をしてから会うこともあります。

大前提として、交際クラブから紹介されるパパと会う場合は、条件交渉は必要ありません。

交際クラブには、基本的にはハズレパパはいませんからね。

しかし、パパ活アプリの場合は、ハズレもいますので、そういう可能性のあるパパと会う場合は、事前に条件交渉をしたほうがよいです。

ハズレパパの特徴としては、安いお店を選ぶ、お金持ちが住まないような地域に住んでいる、安い車に乗っている、服装(時計や財布などの小物も含めて)がお金持ちに見えない、などが挙げられます。

これらの全ての情報を会う前から知ることはできないかもしれませんが、最低でも、連れて行ってくれるお店の情報は事前に知れますね。

例えば、客単価3千円くらいの大衆居酒屋で会おうとするパパは、ほぼハズレと考えてよいでしょう。

本当は、こういうハズレパパには会わないのが一番なのですが、なかなか良いパパが見つからず、お金のために会わざるを得ない、なんてケースも出てくるかもしれませんね。

そういう場合は、食事だけの場合はこの金額、大人の関係もある場合はこの金額になりますと、事前に条件を詰めてから会うようにしましょう。

ハズレパパか否かの判断が難しい場合は、自分の直感を信じてください。

直感というのは、使えば使うほど、研ぎ澄まされていきます。

それがパパ活をする上で、きっと助けになってくれるでしょう。