パパ活のお手当には税金がかかるって本当?申告しないとヤバい?

パパ活で得た手当には、税金が発生するケースがあることをご承知ですか?

パパがくれるお手当は、税法上は贈与(資産の一部を無償で与えること)に該当するため、場合によっては贈与税を支払わなければいけないケースもあります。

これから、納税が必要になるケースについて説明をしていきます。

税金の話は、耳が痛くなるかもしれませんが、すごく簡単に説明をしていきますので、是非最後までお付き合いください。

贈与税を支払わなければいけないケースとは?

パパから受け取る手当は、贈与になるため、贈与税が発生することがあります。

ただ、すべてのパパ女子が贈与税の支払い対象になるわけではありません。

贈与税が発生するのは、その年(1月1日〜12月31日まで)に得たパパ活の手当の合計額が110万円を超えた場合のみです。

これは、1人のパパから得た合計額が110万円を超えたら、という意味ではなく、パパが何人いる場合でも、その年に得た手当の合計額が110万円を超えた場合は、贈与税が発生します。

その年にパパから受けった手当の合計額が110万円を超える場合は、翌年の2月1日〜3月15日に間に最寄りの税務署に行き、確定申告の手続きをする必要があります。

尚、税金の納付方法については、たくさんあるので、ここでは割愛します(税務署に行けば、確定申告のやり方も税金の納付の方法も親切丁寧に教えてくれます)。

ところで、贈与税ってどれくらいなの?と思われた方のために、参考までに、いくつかの例を用意しました。 

1年間の手当の合計額 贈与税の金額
150万円 4万円
200万円 9万円
300万円 19万円
400万円 33万5千円
500万円 53万円
1,000万円 231万円

贈与税は、所得税と同じで、受け取る金額が増えれば増えるほど、税率が高くなります。

年間1千万円くらいの手当をもらう女性は、200万円以上も税金で持っていかれてしまうんですね。

こんなに税金が高いとなると、納税しないで済む抜け道を探したくなってしまいますよね。

そういう話についても、追々していきますので、ご安心ください。

納税しないと脱税で捕まることもある?

パパ活で得た手当を申告していないことが税務署にバレても、脱税で逮捕されることはありません。

脱税で逮捕されたり、起訴されるケースというのは、脱税額が1億円を超える場合です。

さすがに「スーパー」がつくようなパパ活女子でも、1億円の税金が発生するほど稼ぐことはできませんからね。

一般的には、贈与税を納めていないことが税務署にバレると、修正申告(遅れて確定申告すること)をすることになります。

「なんだ、バレたら後から確定申告をして、税金を払えばいいのか」と思われたかもしれませんが、ただ税金を払うだけでは済みません。

本来の時期よりも遅れて税金を払う場合は、追徴課税(罰金とお考えください)を別途支払う必要があります。

追徴課税の税率は、確定申告をしなかった理由やどこまで悪質かによっても変わってきます。

長くなるので、追徴課税の税率の細かな説明は割愛しますが、もし税務署から「なぜ、確定申告して贈与税を納付しなかったんだ?」と聞かれたときに、「そもそも、贈与税なんてものがあったなんて知りませんでした・・・」と答えれば、悪意がないとみなされ、追徴課税の税率が低くなるケースは多いです。

贈与税の未納付がバレるケースとは?

そもそも、なぜ贈与税を支払っていないことが税務署にバレるのか?

それは、パパに税務調査が入ることがあるからです。

どういうことかというと、パパになるような男性というのは、自分で商売をやっているケースが多いです。

自分で商売をやっていると、定期的に税務調査が入るため、お金の流れを全て調べられてしまうんです。

例えば、パパの銀行口座から、かなりの金額が個人の銀行口座に流れていると、それがどういうお金なのか調べられます。

それが面倒を見ている女性への手当だとわかると、次いでにその女性が贈与税を払っているか調べてみよう、となってしまうわけです。

賢い方はもうおわかりかもしれませんが、実はこれまでの文章の中に税務署の追跡を交わす秘密が隠されています。

それは、手当を現金で受け取ることです。

税務署がお金の流れを調べる場合は、銀行口座間のお金の移動歴を参考にします。

つまり、手当を現金で受け取れば、お金が流れた証拠が残らないので、税務署も調べられないわけです。

そのため、お金持ちの愛人として長らく生計を立てているような女性の中には、手当は全て現金で受け取っている方も多いです。

パパ活で贈与税を払っている人は少ないって本当?

パパ活をしている女性(お金持ちの愛人を含む)の中で、贈与税が発生しているのに、それを納税していない女性はどれくらいいるのでしょうか?

おそらく、ちゃんと確定申告をして、贈与税を払っている女性は、全体の10%もいないでしょう。

つまり、9割以上の女性は、贈与税を払っていません。

払わない女性が多い理由は、そもそも贈与税の存在を知らない・・・という理由も多いのですが、払わなくてもほぼバレないからです。

なぜかというと、税金をちゃんと納めていない人が多すぎて、税務署はすべての人をチェックできないからです。

つまり、未納付の税金をガッポリ回収できるような脱税額が大きい人以外は、そうそう調査の対象にはなりません。

あくまでも目安ですが、パパ活の手当が年間500万円位なら、ほぼ税務調査は入りません。

これが年間1,000万円位になると、調査対象になる可能性も無きにしも非ずといったところでしょう。

尚、贈与税には時効があり、7年間になります。

贈与を受けた翌年の3月16日から7年間経過すれば、贈与税の納付義務がなくなるという意味です。

以上となりますが、パパ活をするなら、税金の話はある程度は理解をしておいたほうがよいです。