パパ活って違法なの?それとも合法?援交との違いは?

パパ活が違法なのか合法なのかは、パパとどういう付き合い方をするかによっても変わってきます。

最初に言っておきたいのは、パパと体の関係があったからといって、一概に違法というわけではありません。

また、パパ活をする上で、例え違法性が問われたとしても、女性が18歳以上の場合は、それを理由に誰かが刑事罰を受けることもありません。

これから、援交とパパ活と違いを絡めながら、違法か合法かの法律的な話についてわかりやすく解説をしていきます。

是非、最後までお付き合いください。

援交とパパ活との違いとは?

「パパ活=援交」と認識されている方も多いのですが、本来の意味でのパパ活と援助交際は、異なります。
援助交際とは?
女性が男性から金銭を受け取って性行為を行うこと
パパ活とは?
パパと呼ばれる男性と食事やお茶などのデートに付き合う対価として、金品を受け取る活動のこと
本来の意味でのパパ活には、男性との体の関係は含まれません。

しかし、実際には、食事だけの関係を越えて、体の関係に発展するケースも多いです。

若い女性とただ一緒に食事をするだけで満足できるパパなんて、ほとんどいませんからね。

パパと体の関係を結び、金品を受け取った場合は、援交と呼ばれても仕方ないと言えます。

ただ、援助交際=100%違法というわけではありません。

これについては、次の項目でわかりやすく説明をしていきます。

パパ活で違法性が問われるケースとは?

パパ活で違法性が問われる可能性があるのは、パパと体の関係になったことが売春に該当するケースです。

刑法の一つに売春防止法というものがあります。

売春防止法では、女性が不特定の相手から金銭を受け取って、性行為に応じること売春と定義し、それを禁止しています。

この”不特定の相手”というのがポイントで、特定の相手とのみなら違法にはならない、という意味なんです。

簡単に言うと、一人のパパからお金をもらって性行為に応じる分には、合法ということになります。

例えば、お金持ちな男性の愛人をしている女性をイメージするとわかりやすいでしょう。

愛人なので、当然ですが自分の面倒を見れくれる男性とはセックスはしますし、交際をする対価として毎月大金を受け取っています。

広義の意味では、愛人も援助交際と変わりません。

でも、愛人が違法にならない(売春に該当しない)のは、援交だけど特定の相手とのみ性行為に応じて、金銭を受け取っているからなんです。

では、その逆に、パパ活で知り合った不特定多数の男性と食事だけの関係を越えて、大人の関係に発展してしまった場合はどうでしょう?

この場合は、売春防止法が定める売春に該当する可能性が高く、違法行為になるかもしれません。

しかし、ここにも法律の抜け穴があります。

売春防止法では、売春行為自体は禁止しているものの、それに対する罰則規定がないんです。

つまり、お金を受け取って不特定多数の男性と性行為に応じることは違法だけど、それをしたからといって逮捕されることはありません。

生活苦から売春をせざるを得ない女性はたくさんいますが、そういう女性が逮捕されないのは、刑法に罰則規定がないからなんですね。

例外として、女性が18歳未満の場合は、男性のみ淫行や児童買春で逮捕されるケースはありますが、実際には、18歳未満でパパ活をやっている女性なんていませんからね。

以上となりますが、パパ活の法律における違法、合法の見解はこんなところです。